海外 ダイエットサプリ

MENU

アメリカ人の彼のダイエット

久し振りにアメリカ人の友達に会ったので、少しだけ彼のことを話します。

 

海外,ダイエットサプリ,アメリカ

 

彼は以前に日本でALTの英語教師をしていて、私たちが知り合ったのも教育関係の仕事だったのですが、初対面の彼は今の倍くらい体重がありそうなほどに太っていたんです。

 

今は70kgくらいだそうですから当時は140kgあったということになりますね。

 

私はそのとき「そんなに太っていて健康に害はないのか」と訊いたことがあったのですが、彼は「アメリカ人男性では珍しくない体型だよ」と答えたのです。

 

それを聞いてハッとしました。

 

そうか、お国によってはこんなにも文化が違うんだ、と。

 

今考えたらちょっとズレた感想ですよね。

 

そして、一期一会を大切にしたい私は、彼に日本食の素晴らしさを教えました。

 

お豆腐やおみそ汁などの大豆食品やワカメやめかぶなどの海藻を食べること、そして日本人は学校内でもよく歩いて頻繁に運動すること。

 

アメリカでは学校給食がジャンクフードなこともよくあるようで、確かにそれは、肥満児が増え続けるのも無理はないだろうと思います。

 

彼は最初のうちは慣れない味や身体を動かすことに戸惑っていましたが、若いということもあり、それからみるみる痩せていきました。

 

私が教えたことなんてダイエットともいえないようなことばかりでしたけど、帰国する頃には独自に日本食を勉強するほどにまでなってくれて、本当に素直で勤勉な若者でした。

 

彼がアメリカに帰って、先日3年振りくらいにばったりと再会したのです。

 

今度は観光の目的で来日したという彼は、面影はそのままにすっかりと痩せてモデルのようになっていました。

 

いいですよね、欧米人は太りさえしなければ元々背も高いしイケメンですから、まるで見違えるようでした。

 

彼は今でも地元で日本の食材を手に入れられるように工夫しているのだそうで、週に2、3度は日本食を作って食べるのだとか。

 

友人にもおすすめしたところハマってくれた人もいるようで、それを聞いて私は気恥ずかしくなってしまいました。

 

何はともあれ、彼と知り合って良かったことは、アメリカの食生活が日本とはかなり異なること、しかし太っていたとしてもダイエットを勧めれば積極的になってくれるということです。

 

まあ、日本人だってすごく太っている人はいますけど、さすがにアメリカほどではありませんからね。

 

私自身も良い経験になりました。